• ランチェスター経営の本を読んだことがあるが、まだぼんやりしている…
  • 「戦略」と「戦術」の明確な違いがワカラナイ…
  • クライアントへ経営指導としてランチェスター経営を取り入れたい!!
とにかく「実践してみたいけど、ランチェスターはわかりにくい!!」という方には、オススメです。
そんな方のために!! 士業・コンサルがゼロからホンモノの経営戦略を身につけるための「ランチェスター経営研究会」を実施いたします。

「ランチェスター経営研究会」の3大特徴

  1. 「本」だけでは理解できなかった部分を徹底解説

    「本は読んだことあるけど、実際にどう使えばよいか…」という方が多数参加されています。読んだだけではわからないランチェスター経営の本質を徹底的に解説していきます。

  2. 業界平均の3倍の利益を目指す

    ランチェスター経営の本質を知っていただき、「実際にあなたの会社でどう生かしていくか?」を考えていただきます。小さな市場でもトップを作り、業界平均の3倍の利益を目指していただきます。

  3. 双方向コミュニケーションを行う参加型の研究会

    ただ、一方的に情報を提供するものではありません。参加者みなさんと意見交換をし合う参加型の研究会です。最新の事例などもお伝えしていきますので、あなたの会社に落とし込んでいってください。

実際に参加された方の声 ※「戦略社長塾」に参加された士業・コンサルタントの方の声です。

濱元行政書士事務所 濱元 英徳 様
「ランチェスター経営」に関する市販の書籍やCD教材を購入して独学で勉強してきました。
しかし、事務経営で売り上げが上がらない結果から、生の講義を聴いて経営の勉強をしたいと思い「戦略社長塾」に参加することを決意しました。
4回コースのセミナーでは、講義ビデオと補足説明、自分の事業に当てはめた場合の井上先生の説明によって気付くことが多くありました。
商品・地域・業界客層を絞る、1位作りといった弱者の戦略をこれまで以上に理解できたと思っております。
参加してよかったと思います。
東堤丸山共同司法書士事務所 丸山 浩介 様
非常に興味深い講義でした。
普段自然に考えていることですが、8大要因を意識して考えてみようと思います。
原則論ですので、経営がうまくいっている方にも、うまくいっていない方にも良いのではないでしょうか?
今何をすべきなのか頭の中が整理できると思います。
TMコンサルティング株式会社 箕村 保 様
儲ける仕組みを作るには、お客様を作り、お客様を維持し、お客様を多くしていくことという基本的なことを改めて教えられました。
またその方法を現状分析などの法則により行うことを、解り易く解説していただき、新たな気づきを得ることができました。
個人店や中小企業が生き残るには、目標と戦略が大切であるが、それを教えてくれる教材や学校はないに等しいですが、このセミナーにより見識が広まりとてもためになりました。
経営者には是非お勧めです。ありがとうございました。

実際に参加された方の声 ※「戦略社長塾」に参加された士業・コンサルタントの方の声です。

講師近影・竹田陽一先生と 昭和47年3月 京都府生まれ。近畿大学法学部経営法学科卒。
 
会計事務所系コンサルティング会社に入社し、会計監査を担当。
その後、運送会社に特化した部門を立ち上げる一員となると同時に、事業協同組合の事務局も行う。
助成金の無料診断をメインに行う。
また、社労士部門で助成金の申請、就業規則の作成等の業務を行う。
 
平成15年8月に「ベイシス経営労務事務所」を開業。
経営戦略の大切さを痛感し、平成16年2月にランチェスター経営株式会社代理店登録。
 
ランチェスター経営(株)公認の近畿エリアマネージャーとして、ランチェスターの考え方を中小企業に広げる。

ランチェスター経営の書籍(一部)
  • 「ランチェスター経営であなたの会社が強くなる」
  • 「儲けのしくみ、教えます!『ランチェスター経営』がわかる本」
  • 「なぜ、『会社の数字』は達成されないのか?」
  • 「プロ☆社長」
  • 「小さな会社☆社長のルール」

こんなことが起こっていませんか?

士業・コンサルタントの業界では、こんなことが起こっているようです。
  • 経済不況によるクライアント離れ
  • 規制緩和によるライバルの増加
  • インターネットの出現による価格競争
あなたの周りでもこんな状況が起こっていませんか?厳しい状態はいつまでも続きます。
このトンネルからいつ出るかは誰にもわかりませんので、まずは今の状況でできることをやっていく必要があるのです。
他との違いが見えなくなっている…
トラブルイメージ このような状況が起きている原因は、「ライバルとの違い」が見えなくなってしまっているからです。
たとえば、行政書士として開業されている方は、大阪府に700事務所以上あります。
(※iタウンページより)
この中で、お客(クライアント)から選ばれなければならないのです。
 
あなたなら、どのような対策をおこないますか?
お客(クライアント)の財布のひもが固くなっている状況では、ますます小さな会社が行うべき戦略を実行する必要があるのです。
小さな会社が行うべき戦略とは、ランチェスター経営の中の「弱者の戦略」にあたります。

士業・コンサルタントがランチェスター経営を実践すると、どうなるのか?

[税理士]

たとえば、【税理士】の方であれば、「税務」に関する業務が中心となります。
中小企業の経営者は、税金に関することがあれば、税理士の先生に相談をします。
経営に関しても身近に頼られる存在となるのです。
 
そんなとき、ランチェスター経営を実践している税理士事務所様の場合、経営を構成する戦略的な観点からアドバイスを行っています。
 
設備投資をする場合にでも、「税金がどうなるか?」という部分だけではなく、経営全体から考えて、小さな会社の戦略に合っているかどうかを判断した上で、アドバイスを行うようです。

[中小企業診断士]

また、ある【中小企業診断士】の方は、苦労して資格を取得したにも関わらず、開業後、なかなかクライアントが増えませんでした。
特に、「顧問」という形は、継続的なお付き合いになるので、経営者の方もカンタンには契約をしてくれません。
 
そんなときに出会ったのが、ランチェスター経営。
「武器を作らないとお客はつかない」ということを実感し、他の中小企業診断士にはない武器を作るために、ランチェスターを学んだのです。
 
結果、今では、多くのクライアントを獲得し、セミナー講師としても活躍しています。

実は、私も焦りから空回りばかりしていました

経緯イメージ01  
以前は、コンサルティング会社に勤めていました。
経営コンサルティング業務を行っており、個人の力量に任されているという状況があり、気持ちが焦って空回りしていました。
 
30歳を超え社会保険労務士として独立を考え始めた頃に、ランチェスター経営(株)に出会ったのです。
竹田ビジネスモデルを見た時に、「これだ!」と確信しました。
 
早速テープ等の教材を購入し何度も聞きました。
聞けば聞くほど中小企業の社長さん向けだと感動しました。
経緯イメージ02 独立して2ヶ月が過ぎた頃にランチェスター経営(株)が募集していた戦略社長塾の塾長として登録、それから4ヵ月後に代理店に。
それから、ランチェスターを大阪で伝導する講師として、活動するようになったのです。
現在は、ランチェスター経営(株)公認の「近畿エリアマネージャー」として、活動しています。
 
ランチェスターの良いところは、テクニック的なこと・表面的なことではなく、経営を全体から考えて、「現在の状態からどうしていけばよいか?」がわかるところです。

士業・コンサルタントがゼロからホンモノの経営戦略を身につける

「ランチェスターはわかりにくい!」というご要望にお答えするため、「ランチェスター経営研究会」を開くことになりました。

“テクニック・戦術”はわかりやすいので飛びつきやすいのですが、“戦略”はわかりにく いという特徴があります。
特に、不利な会社がおこなうべき“弱者の戦略”は、中小零細企業にとって非常に重要な 概念ですが、実践する会社がとても尐なくなっています。
 
私も社労士として活動していたという経験から、士業・コンサルタントの方向けの研究 会を開催することにしました。

たとえば、こんなことが学べます
「ランチェスター経営研究会」についてですが、下記のようなことを学ぶことができます。
  • 経営をカタチづくっている8つの要因
  • 「戦略」と「戦術」の違いをはっきりさせる
  • “経営の目的”とは一体何か?
  • 簿記や会計のウエイトは何%?
  • 「強者の戦略」と「弱者の戦略」の違い
  • ライバルに負けない商品の9つの決め方
  • 小さな会社の営業地域の決め方
  • どのような方法で見込客を発見すればよいか?
  • お客に不便をかけない顧客維持の方法
  • 財務における「戦略」と「戦術」について
  • ランチェスター法則を応用して仕事時間を処理する
・・・その他、実際に事例をお伝えしながら、意見交換をし合い、学んでいきます。

「ランチェスター経営研究会」のご紹介

体系的に学び実践するためにも、「ランチェスター経営研究会」は
全部で9回の講座になっています。

第1回 経営の構成要因

  • 科学的問題解決法
  • 経営の全体像をはっきりさせる
  • 粗利益はいつ生まれるか
  • 経営の全体像をはっきりさせる
  • 経営を構成する大事な要因
  • 経営を構成する要因のウエイト付

第2回 戦略と戦術

  • 願望、熱意、決断力を高める
  • 経営の目的は1位作りにある
  • 目標をはっきり決める
  • 戦術の語源はギリシャのタクティコース
  • 情報の収集
  • 革新の実行
  • 実行要因のウエイト付
  • 竹田ビジネスモデル

第3回 強者と弱者の戦略

  • ランチェスターの法則
  • 強者の経営戦略。1位の戦略
  • 弱者の経営戦略。1位以外の戦略
  • 強者の戦略が常識となっている

第4回 商品戦略

  • 商品の決め方
  • 取り扱い商品を少数に絞る
  • ライフサイクルの原則を知る

第5回 地域戦略、業界客層戦略

  • 営業地域の決め方
  • 営業範囲の決め方
  • 小売業飲食業のチラシの入れ方・見込客が会社の場合・見込客が個人の場合

第6回 営業戦略、顧客戦略

  • 流通段階の決定
  • 訪問型でお客を作る場合
  • チラシやDMでお客を作る
  • 新聞広告、雑誌広告、ミニコミ紙でお客を作る
  • 小売業、飲食業の立地の選び方・感謝は態度で はっきり示す・お客に不便をかけない・注文をもらう仕事が最も大事・定期的にはがきを出す

第7回 組織戦略、財務戦略

  • 規模を急速に拡大したい場合
  • 徐々に拡大したい場合
  • 賃金制度は簡単にする
  • 社長の役割を正しく認識する・財務における戦略と戦術を知る・資金調達の仕方・財務における仕事のウエイト付・売上計画と費用計画を立てる・数字に弱いとは?

第8回 時間戦略

  • 必勝の時間戦略を実行
  • 時間戦略の実行は朝方で
  • 時間配分の仕方
  • 時間管理のウエイト付
  • 時間戦略に対する反論

第9回 まとめ、ディスカッション

  • 最後に、ここまで8回のまとめを行い、内容に関するディスカッションを行います。

研究会の詳細

日程

8月7日~10月2日までの毎週土曜日 13:00~15:30

第1回 経営の構成要因2010年8月7日(土)13:00~15:30
第2回 戦略と戦術2010年8月14日(土)
第3回 強者と弱者の戦略2010年8月21日(土)
第4回 商品戦略2010年8月28日(土)
第5回 地域戦略、業界客層戦略2010年9月4日(土)
第6回 営業戦略、顧客戦略2010年9月11日(土)
第7回 組織戦略、財務戦略2010年9月18日(土)
第8回 時間戦略2010年9月25日(土)
第9回 まとめ、ディスカッション2010年10月2日(土)
料金

1回 5,250円(税込) 全9回47,250円 + テキスト代2,600円 = 49,850円(税込)

定員
6
講師
ランチェスター経営大阪代表、
ランチェスター経営(株)近畿エリアマネージャー井上秀之
場所
[ランチェスター経営大阪]
大阪市中央区久太郎町3-1-15
ユーアイビル10階
連絡先
TEL:06-6241-1774
FAX:06-6241-1775
経営を構成する要因の1つ1つを取り上げたものは、たくさんありますが、ランチェスター経営のように、全体から考える経営教材はホトンドありません。
また、世に出回る経営に関する情報は、条件が有利な「大企業」に合わせた形のノウハウばかりです。
その内容では、条件が不利な中小零細企業には合いません。
むしろ害にすらなる可能性があります。
「頑張る」ということは素晴らしいことですが、「頑張る方向」が間違っていれば、いつまで経っても1位を作ることはできません。
「いままでランチェスターのことは気になっていけれど、その機会がなかった…」
という士業・コンサルタントの方は、ご参加ください。
補講がございますので、日程が合わない方は、こちらからお気軽にご連絡ください。 業界平均の3倍の利益を目指す方は、ぜひご参加ください。